ボランティア学習を活用する

私たちの住む地域には、さまざまな人がさまざまなボランティア活動を通して支え合っています。

 自分たちのまわりで活動しているボランティアの存在を知ること、ボランティアから活動の魅力を聞くこと、ボランティア活動を体験することによって、誰かの役に立てることを学ぶことができます。

 


自己有用感(*)はこの『生きる力』の芽生えにつながるきっかけのひとつです。

  (*)自分の属する集団の中で、自分がどれだけ大切な存在であるか、

   役に立っているかということを 自分自身で認識することです。

   

福祉施設やNPO・ボランティア団体などでボランティア活動を体験する機会として

『ボランティア・市民活動体験(旧ボラ☆チャレ)』が活用できます。

 

★社会福祉協議会がサポートします★

大阪市の社会福祉協議会は学校と一緒に福祉教育・人権学習のプログラムを考えていきますので、ご相談ください。

◆このページについてご意見をお聞かせください◆

メモ: * は入力必須項目です